作業員

引越し時のハウスクリーニングは自分で依頼|換気扇の汚れの原因

換気扇の汚れの原因

換気扇掃除

換気扇の汚れを定期的に掃除している人は少ないのではないでしょうか。換気扇の汚れは油やほこりでギトギトしていて簡単には落ちないので、どうしても億劫になってしまうのかもしれません。ですが、換気扇の汚れをそのままにしておくと大変な事態になってしまうのです。まず、部屋の換気が上手くいかないと揚げ物などをしたときに汚れた空気が溜まっていってしまいます。換気扇を回しているのに部屋が煙くなるのはもしかしたら空気の排出がうまくいっていないのかもしれません。油などを含んだ空気が部屋に充満すると、壁や天井、家具などを汚してしまいます。また、換気扇のフィルターの汚れを掃除せずにそのままにしておくと、換気扇の内部に油やほこりが詰まってしまいます。そもそも換気扇は汚れた空気を排出するためのものなので、汚れるのは当たり前です。掃除をしないでいると汚れは溜まっていくいっぽうです。ゴキブリは油汚れが大好きなので、そのうち繁殖してしまうかもしれません。他にも、換気扇の汚れが原因で空気が排出されにくくなると湿気も溜まっていきます。湿気はカビが生える原因になるので、気づかないうちに家具が黒ずんでいってしまいます。カビが繁殖するとアレルギーの症状を引き起こす可能性もあるので、人体に悪影響を及ぼしてしまうのです。換気扇の掃除は素人には難しいと思うので、一度業者にクリーニングをお願いしてみると良いかもしれません。一度綺麗になれば、その後のメンテナンスも楽になるので検討してみてください。