作業員

引越し時のハウスクリーニングは自分で依頼|換気扇の汚れの原因

特殊清掃業者の仕事内容

清掃員

掃除業者の仕事の中には特殊清掃という仕事があります。特殊清掃とは、孤独死などの特殊な事情で亡くなった人の部屋を掃除し、臭いがついたり血が染みてしまったりした部屋を元通りにする作業のことをいいます。この仕事は通常の掃除業者と違い、特殊な技術や道具を用いて行なうので、自分でしようとせずに業者に頼んで綺麗に掃除をしてもらうと良いでしょう。特殊清掃に依頼するメリットとしては、部屋にしみ込んだ異臭や悪臭をきちんと消臭してもらえるという点です。人が亡くなった後というのはウジやハエが繁殖し、長い間気づかれずに放置されていると、遺体から強烈な臭いがするようになります。その強烈な臭いは部屋に染みついて簡単に臭いを消すことはできません。ぱっと見綺麗になったようでも臭いだけが残ってしまうこともあります。アパートやマンションなどの賃貸住宅だと、部屋を元通りにして再度貸出せるようにしなければなりません。特殊清掃ではこうした臭いもちゃんと消すことができるのです。

亡くなった方が何らかの感染病にかかっていた場合は、その部屋に入った人が感染してしまうかもしれません。専門的な知識のない人が自己判断で清掃をすると、身体に害のある空気を吸い込んでしまうかもしれませんし、第三者にウイルス感染してしまう可能性もあります。また、家族が亡くなった部屋を掃除するのは精神的にもきつい作業でしょう。少しでも遺族の方々の負担を減らすためにも、特殊清掃業者を利用してみてはいかがでしょうか。